関西ACAの分担について

2014年5月31日

平成24年5月31日より高松アプローチが関西アプローチ編入され、担当空域が拡大されています。
VATJPN管制官各位におかれましても下記の要領で運用してください。

1.各セクターとログイン名

  • RJBB_E_APP (120.450) - 伊丹担当
  • RJBB_C_APP (120.250) - 関空担当
  • RJBB_W_APP (125.000) - 高知担当
  • RJBB_N_APP (121.200) - 高松担当 (旧 RJOT_APP)

全空域を担当する場合 RJBB_APP (120.250)

2.暫定維持高度の改定

  • RJOO 西行き FL200 / 東行き FL170
  • RJBB 9000ft ※
  • RJOK FL150
  • RJOB 西行き 9000ft/東行き 11000ft
  • RJOT ⇒ 9000ft ※

※ただし、DEPは自身の範囲内においてACCへのハンドオフ高度を調整するものとする

3.各担当空域

セクター分けは関西ACA内APP業務を2名以上で担当する場合のみ行われるものとし、 分担については担当管制官同士で臨機応変に調整してください。
尚、八尾周辺は大阪担当、神戸周辺は関空担当、岡山周辺は高松担当が常にカバーするものとします。

4.関西ACA全域管制の原則

RJBB_APPでの開局を1人で行う場合は、関西ACA内全ての空港を担当しなければならない。
関西ACAの一部分のみが管制下におかれることはない。

5.運用開始日時

本通知をもって有効とする。

※今回のNOTAM発行により、2011年6月2日付NOTAM【関西ACAの分担について】は無効となります。