( | )
今年も恒例のVATSIM公認チャリティーイベント「World Flight」が開催され、今年は11月10日(土)11月9日(金)に福島空港、関西空港が対象です。
VATJPNでは関西空港を中心に管制官を募集いたします。
なお、イベント詳細は以下をご覧ください。
http://www.worldflight.com.au/


■日程
11月10日(土)11月9日(金)
ロシア - >福島
ロシア発 10:15 jst (01:15z)
福島着 12:05 jst (03:05z)

福島 -> 関西
福島発 12:55 jst (03:55z)
関西着 14:10 jst (05:10z)

関西 -> 上海
関西発 15:00 jst (06:00z)
上海着 17:10 jst (08:10z)


■ルート
UHSS -> RJSF
PERUB R490 LUMIN Y10 HPE Y102 HERON

RJSF -> RJBB
NASNO Y880 JD Y88 NAKTU Y12 KOHWA Y544 DANDE
※離陸後、NANSOまではRJTG_E_CTRが担当

RJBB -> ZSSS
HABAR Y60 ONIKU A593 PUD
※RJDGの担当はONIKUまで


■募集する管制官
RJTG_W_CTR(132.700)
RJDG_CTR(118.900)
RJBB_APP(120.250)
RJBB_DEP(119.200)
RJBB_TWR(118.200)
※GND、DELも負荷分散のため大歓迎です

以下の福島空港に関連する管制席は、このイベントに限りVATSIMから特別に許可された管制官にお願いする予定です。(もちろんVATJPN所属の管制官が開局してもかまいません。)
RJCG_CTR(119.300)
RJTG_E_CTR(123.700)
RJSF_TWR(118.050)


■優先的取扱
イベントの性質上、以下のフライトは優先的な取り扱いをお願いします。
ASY121 - World Flight Airbus - CS:オージー
QFA25 - World Flight Austrlia - CS:カンタス
GTI1471 - World Flight Perth Sim 1 - CS:ジャイアンツ
PAA811 - World Flight Clipper 811 - CS:クリッパー
MC012 - World Flight Mangrove - CS:不明
VOZ738 - World Flight Perth Sim 2 - CS:ベロシティ
DAL209 / UAL1120 - World Flight USA - CS:デルタ / ユナイテッド
BAW47C - World Flight Team Simfest (UK) - CS:スピードバード
EXS5JL - World Flight Team Jetsim (UK) - CS:チャンネックス
NPT11W - World Flight Team Velocity (UK) - CS:ネプチューン
LTU37H - World Flight Germany Airbus - CS:エルティーユー
HLF801-HLF845 - World Flight Germany - CS:ハパックロイド

※上記を優先させるためには多少のルールの緩和(セパレーション、シーケンス変更等)をしても良いとVATSIM本部から通達が出ています。


■イベント管制官
このイベントに限り、地元の管制官が充足できない場合はVATSIMから特別に許可された管制官が開局して良いこととなっています。彼らは最初の飛行機が空域に入る30分前に管制席が空席の場合に開局するとしています。そのため、地元管制官は1時間前には開局している事が望ましいとの通達を受けています。また、すでにイベント管制官が開局している場合であっても、地元管制官が開局の意思を表せば、彼らは閉局し交代してもらう事ができます。


長時間にわたり多くの管制官を必要とするイベントです。途中で交代するなどしてもかまいませんので、ご協力のほどよろしくお願いします。
なお、管制官および自宅からのフライトの参加は無料です。

20181027 日付を修正しました

このイベントにパイロットとして参加しませんか?

0
[飛びたい!]はあくまで参加数の目処を探るものです。フライトを確約・強制するものではありませんので、気軽に押してください。
一部の空港を利用するだけで別路線の場合でも押して頂いて構いません。

このイベントに管制官として参加しませんか?

参加(予定)管制官
セクター 時刻と予約者  
RJTG_E_CTR 09:15 ~ 12:05
da1-ch1_57
Lui@VATJPN3 ( | 2018-10-24 23:58:57 )

※上記を優先させるためには多少のルールの緩和(セパレーション、シーケンス変更等)をしても良いとVATSIM本部から通達が出ています。


新しいメンバーさんの方もいらっしゃると思いますので、上記について補足いたします。

WFでは、日本空域に不慣れな外航機が、現実の空域や空港の設計許容量を大きく超えて押し寄せます。
これに加え上記優先トラフィックの事項もありますので、ローカルルールはもちろん、普段のVATJPNで求めている「リアルさの質」は要求されません。

おおよその目安として例を挙げますと...

* 関西空港のILS24は、都市部上空を飛行させてファイナルまでR/Vしてもよい
(外航機はMAYAHからの飛行ルートがブレやすく、間隔事故が起こりやすい)。
* 関西空港では実際には行えない並行同時進入を実施してもよい。
* 福島空港はタワー/レーダーあり運用とする。
* ACAなどの空域を無視したR/Vを行ってよい。
* (レーティングがあり、周辺との調整ができているならば)TWRがレーダーサービスを提供してもよい。
* 地上が埋まっている場合、草地への駐機、走行や着陸後すぐのログオフを命じてもよい。

当日は、原則として全てその場にログインしている管制官の裁量となりますので、普段どおりかもしれませんし、これ以上のことが行われるかもしれません。

しかしながら、当日ログインされる管制官には、TFCを捌くことを優先するためにはこれらの選択肢もあるという認識をいただきたいということと、当日フライトをされるパイロットにおかれましては、このような指示をされても、理由を求めたり、疑義を挟んだりせず従っていただくようお願いします(明らかなミス等は除く)
discmsk@VATJPN1 ( | 2018-10-27 15:44:20 )
メンバーさんからのご指摘をいただき調査したところ、日付を間違えてお知らせしてしまいました。
正しくは「日本時間11月9日(金) 12:05福島着」でした。
以降のレグも11月9日が対象となります。
お詫びして訂正いたします。
また、ご指摘ありがとうございました。

平日昼間の時間帯ですので、メンバーの皆さんは本業を最優先としてください。
このスレッドは管理者によりロックされました。
一切の投稿の編集及び返信はできません。ご了承ください。