TWRにおけるレーダーの使用について明確化しました

これまでのS2実技試験基準では「TWRは目視情報のみを用いること」という条件を課していましたが、実際の状況を鑑み、タワーブライトディスプレイ等の装置の利用についてVATJPN独自の基準を作成しました。
※なお、これらについては、現実のそれと全く同じ運用を行うことは非常に難しいので、ある程度簡略化された運用となっています。

これまでVATJPNにおいてグレーゾーンであった以下に代表される交通情報は、今後試験でも問題なく利用できることとします。

Traffic, Boeing 737, 7NM on final. 

 

詳しくはCRC内に新設した「2.3.6 交通情報」に記述しております(これに伴い、2.3.5以前の交通情報に関する項目は統合されています)。
特に、訓練生やOJT監督をされる方はぜひご一読ください。

All materials are for simulation and reference use only, do not use for real-world navigation.
Copyright (c) 2001-2017 by Sky-Navigator. All rights reserved.
External documents and links are under the copyright and/or responsibility of the original creators or publishers.